アロマセレナーデ川崎の求人ブログをご覧くださいまして、ありがとうございます。

ところで、よく面接のときに聞かれる質問に「雑費はいくらですか?」というような内容がチョコチョコ出てきます。

「雑費」とは、お金を稼いだ際に、お店に支給額清算時に一定額マイナスされる額。
キャバクラでも、風俗でも、なにかとマイナスされてしまい、微妙な感情になってしまう女性も多いかと思います。

しかし、
この雑費というもの、風俗業界では皆様、女性を守るために必要な徴収額となります。
雑費はお店側が女性から支払ってもらわければいけない必要なお金なんです。

これをもし、お店が女性から受け取らないとすると、かえって全女性が大増税の超高額負担を税務署から受ける事になります。


「雑費の有無」

それは

店側が、勤務したアナタを

A:「従業員(雇用)」にしているのか
B:「外注(業務委託)」にしているのか


の、大きな分かれ目になる部分です。


女性にお金を支払う際にマイナスしないお店に在籍しているアナタ、非常にマズイことになりかねません。

「女の子に優しい店だから、雑費は取りません!」なんて調子のいいことをやってる店があったら、それは店のオーナーが無知なだけ。

危険すぎるド素人の業界の事を何にも知らないバカモノだけがなせる技です。

それか、単なる、「女の子の支給額からマイナス取るなんて店はヒドいねぇ」、なんて言ってるのはなんでもディスらないと気が済まない変人(笑)の発言にすぎません。



雑費のマイナスがされない場合、あなたはAの雇用と判断されてしまいます。

風俗店では、Bの外注という形式で店との関係を築くのが絶対です。
何も知らないでいると、まさかのA(雇用・アルバイト・パートスタッフ)のような側に知らないウチになってしまっているかもしれません。


2つの間では、同じお金でも、お金の立場が全然ちがいます。

A:お給料(所得として割合に応じて課税・天引きされる)
B:業務委託報酬(こちらは確定申告したら税金とられる)

という違いです。


風俗店が雑費を貰う理由は以下の点が主なものです。
[キャストが場所代(待機スペース)、仕事用品、衣装等を自分で用意しているか]
なんです。=女性が雑費を出すことでソレを成立させる必要があります。


雑費を取らなかったために、お店は各女性を雇用しているとみなされた瞬間
皆さん、女性はとてつもない請求をお店側から受けることになるでしょう。

あと追いで後日に、在籍していた店から徴収額すべきでした!と、所得税・住民税などを請求されることになり、まとめてドカンと女性が稼いだ額に応じた数十万・数百万単位のお金を請求されてしまうことも十分に有りえます。

当店では、これを防ぐためにも絶対に雑費の徴収をしています。

そして働いてもらっている女性は全員が外注、つまり先ほどのB業務委託という形式での関係性を当然に運営をしております。

アロマセレナーデ川崎では1000円のみ。
それでOKです。


これを他店では10%などにしているお店も多数存在しているということで
当店で50,000円稼いだ場合は、雑費1,000円を引いて49,000円のお渡しになりますが

他店では、50,000円稼いだ場合、雑費が10%だとして5000円も取られてしまい
結果的に45000円を受け取るという、やや横暴な雑費設定がなされているケースが多々あります。



毎日、一律1000円の雑費で済むお店。それがアロマセレナーデ川崎の良さでもあります。
10%も取られてしまったら、月額50万稼いだ場合、45万円しか稼げません。
当店なら、50万円稼いだ場合、49万円が渡せる計算も十分に有りえます。

それを1年間、ずっと続けてみると
他店では540万円
当店では588万円

その差なんと、48万円!
約、1ヶ月分の稼ぎに匹敵するほどの差が生まれます。


他店に行って1年働いてしまうと、当店に比べた場合、
稼げる額が1ヶ月タダ働きの差がみたいなオチも有りえますよ!


よーく注意して、面接のときに聞いてみる必要がありそうですね!!

それでは、また次回~♪